気になってること

f:id:startup2021:20210524165942j:image

 

 最近、気になっているコトを

書き留めておこうかなと思って。

 

神社へお参りへ行かなきゃ・・

これは地元の神社、毎月お参りに行っていたのだけど

先月から行けてない。

子どもが巣立ってから

神頼み的な気持ちでお参りを始めたのだけど。

 

私は昔から子どもには

「勉強しなさい」や

「学校は行かなきゃいけない」

と、言ったことが一度もない。

逆に

今しか出来ないことのほうが多いんだよ

そっちを悔いなく精一杯やらなくちゃ!

たくさん遊べ!

と言って育ててきた。

小6のときに娘がこう言った

「お母さん、私塾に行きたいんだけど。

クラスで行ってないの、私だけなの・・・」

 

そうきたかっ。

へぇ~、そうだったのか。

 

そう自分で言ったからには、

ちゃんと勉強しておいで。

と言い、塾探しを始めたっけ。

勉強なんてもんは、本人のやる気がなきゃ

塾なんて行ったってムダムダ。という考え。

周りの友達からは羨ましがられたらしいけど

本人は逆に焦りを感じたんだろうな、笑

 

学校がツラそうな時はムリに行かせたりなんか絶対しなかった。

無理強いなんてさせたってろくなことにならん。休ませて、二人でどっかへ遊びに行ったりしていたくらい。

 

勉強なんて出来なくたっていいんだよ

好きなコト見つけることが出来れば

やりたいコト見つけることが出来れば

儲けもん!

見つけたら、それに向かって頑張っていけばいいんだから。

 

そして子育ては、子供を自立させるのが

私の目標だった。

ちゃんと一人で立って歩いていけるように。

親がいなくなっても、ちゃんと歩いていけるように。

母の願いはそれだけ。

 

そんなえらそうなコト言っても

いざ、自立すると心配はたくさん出てくる。

けど、もう私は見守るだけ。

 

という経緯で月に一度の神社通いが始まったのだった。

今月中に、ちゃんと行ってこようっと。

 

そして、海に行きたいなー。

って最近ずっと思ってる。

泳ぎは苦手なんだけど、眺めてるのが好きー。

一日中ずっと眺めてても飽きない。

なんせ癒される、落ち着くのだー。

小さい頃から海が近くにあったからなの?

よくわからないけど。

高校生の時は土日、山下公園

アルバイトしていたくらい。(これは偶然なんだけど)

中学校の時は、何かあると江の島まで一人で行って海を眺めていたー。

高校生の時は学校の帰りに

逗子の森戸海岸へよく行っていた。

ここはとても好きー。

 

社会人になってからも何かあると山下公園まで

フラっとよく行っていた。

山下公園のベンチで一人缶ビールを片手に泣いたこともあったー。

いま思うと、OLが一人で缶ビール片手に泣きじゃくるっていうシチュエーションは

すごいなーっと、今振り返ってみると、我ながら笑っちゃうんだけど。

 

この海に行きたい衝動は今でも変わらない。

社会人になっても、結婚しても

行きたくなれば、ふらっと行ってしまう。

最近、海をみたいー。っていう気持ちなんだなー、なぜか。

 

気になることがもう一つあるー。

いきなりスピの話になるのだけど

ayacoさんのセッションを受けてた時によく

第6チャクラがムズムズしていたんだけど。

最近何もしてなくても

第6チャクラがムズムズして仕方ない。

夜中でも気が付くとムズムズしている。

スピの動画をみていたりしても、すぐムズムズしてくる。

どうした!私!

何も意図してなくてもこうなるってなんなん!

誰かおしえてー!

 今日はakikoさんの動画を観ていたら、

一気にムズムズしてきて、こうして書いててもムズムズが・・・・

 

というわけで、最近の気になっていることを

書いてみました〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目眩

f:id:startup2021:20210521095652j:image

ここ一ヶ月近く

私の大敵、目眩にみまわれている。

タチが悪いことに、原因は不明で

この目眩から考えられるすべての

診療科に診てもらった過去がある。

 

当時はこの目眩だけじゃなく

経験したことのない様々な症状が私を襲っていて、地獄の毎日だった。

素人だから、見落としがあるかもしれないけど

ありとあらゆる病院に

セカンドオピニオンどころではなく

ドクターショッピング状態だった。

 

経験してる人はわかると思うけど

この会話

「病院どうだった?」

「何でもないって」

「大きな病気とかじゃないってわかって良かったね」

 

頭にきますねー!これ。

これ、本人にしてみたら

「良いわけないじゃん」

「何でもないなら、この症状はなんなん!」

「こんなにツラいのに、何でもないって言われたら私はどうすればいーのよ!」

「じゃいつ良くなるの!」

「いつまで頑張れば治るの!」

「よっぽど病名がついたほうが良かったよ!」

 

と、、攻撃的な気持ちになるのです。

結果

何でもない→病気じゃない→誰にも理解されない

多分誰にもわかってもらえないことが

ツラさを倍増させます。

暗くて長いトンネルでしたねー。

 

てなことを、今回の目眩で色々思い出してしまいましたよ。

 

日によって違ったりします。

出来るだけ普段と変わらない生活をしようと心掛けるのだけどー。

1日の中でも、楽になったりヒドくなったりします。

ヒドイと無気力で何もしたくなくなります。

ただただ、時間が過ぎるのを待つ感じになったりします。

パソコンを開くのも億劫になったりします。

でも、横になったって楽になるわけでもないので、あとは私の気力ですかね。

気の力。ですね、、。

 

何も考えず時が過ぎるのを待ちますー。

仕事もボチボチ入ってきているので、

断わらないで、受けるようにしてます。

逆に気が紛れるのでいっかな!って。

 

今朝、ちょっと晴れ間が出ていたので

ベランダに出てみたら

f:id:startup2021:20210521110450p:image

虹が♡

 

私の心にいつか虹が現れる日がくるかなぁ

今は、、

頑張らないことを頑張ることにしますかね、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かよさんのセッション

f:id:startup2021:20210519100420j:image

 

かよさん の【かよLight Release Session】を受けました。

かよLight Release Sessionって? ・Light surgery(光の手術)・目醒める為に不要なものを取り除くワーク
・龍達の癒しワーク・ハートの空間に入り込み癒す
・封印解除のワーク・魂にかくされた封印を解除し「本当の自分の解放」へと導く
・龍のトランスフォーメーションワーク・かよさん自身が龍へとトランスフォーム  し愛の源となり愛の波動を送る。
・Cosmic Loveのワーク・宇宙からの星々からの愛の光を降ろし、ダウンロードする。それにより心の奥に眠っていた愛の光を呼び起こす。

 

このセッションを受ける前日に

・お腹をくだす

・暗かった部屋の電気がいきなり点く(2回)

という現象がありました。

お腹を下すのは浄化のサイン、電気関係は龍かも。

というのを踏まえ、セッション突入となります。 

 

このセッションが始まる15分くらい前に、かよさんのところに私に降ろさなきゃいけないエネルギーの光がおりてきていたとのことでした。

始まってすぐに私のところにレインボーの玉がいたり、私の後ろの絵画に斜めに光が入った。とのこと。

かよさんに、前日の部屋の電気が点いた話をしたら、かよさんのところの龍たちが私のところにきていたのかも知れないと言われる。

● 二匹の龍達が私のハートの扉を開こうとしているのに、私が怖がって抵抗して

 何度も戻そうとしていた。

● 開いたハートを覗いてみると草原だった。二匹の龍たちがそこに櫓をたてて盆踊りを始めて踊りだし、私のハートを癒してくれた。

● 次にきてくれたのは浄化専門の龍で、浄化のエネルギーを流してくれた。

● 龍が私のブロックを外してくれた。

● セッションが始まる前にきたのはシリウスの光だったそうで、

そのシリウスたちが、光の手術が始まる前にかよさんのカラダをとおして

「やっと会えたね」と言いにくる。

私が過去世で、そのシリウスたちと一緒になにかをやっていたのでは?

本来だったら、光の手術をしたあとに、シリウスからの愛をダウンロード出来るようになるのだけど、その前に会いにきてくれた。

 

ここで、このブログでも書いたUFOを見たときの話しをかよさんにすると。

「そのUFOは私にしかみせていない。他の人にはフィルターをかけてみえない。

 高次のところにいる存在だから普通はみれない。彼らが私にだけ見れるように

してくれたんだと思う」という長年のUFOの謎が解かれました。

 

● 龍から言われたコトバ

「自分でマインドをわざと感じないように、感じたくない!とフタをしているでしょ!」

「無意識のうちにこわい、視えるのこわい。って思ってる。だから、照明点けてあげたでしょ?わかるように見せてあげたでしょ?こわくないでしょ?もうそろそろブロック外そうね。本当のあなたはメッチャ感じているのに、私感じないわ!ってわからないようにしているから、もうちょっと信じて、それを外したら楽だよ!それが当たり前なんだもん。もう怖がらなくていいよ、封印しなくていいよ」

と言っているとのこと。

  そして光の手術が始まると急にかよさん側の気配が一気に変わったのがわかる。

かよさん宇宙語を話だし、私は何か受け取るようなイメージで目を閉じる。

 そしてかよさんより、

シリウスから愛の光がおりてきたので入れておきました。

と言われる。

● 彼らが懐かしがっている。

ようやく彼らの光を流すことが出来て「その光で思い出してね」

と言っている。

かよさん、光を入れたら、本当に良かった、って涙が出てきたそう。

 

途中、かよさんの知らない緑の龍が現れる。(かよさんのカラダを通して)

その龍は私のほうにこようとしているが、来れないので足踏みしている状態。

これないので、最後空に昇っていった。

 

私の傍に龍はいるらしいのだけど、どうやら私が全然分かってないらしい。

色んなアピールをしているらしい。

 

そして話はこのブログにも登場した

龍の本を読んでいたときに「鈴の音が鳴った」という話を

かよさんにすると、どうやら「奈良の天河神社」と関係しているのではないか

という話になり、そのうち、天河の匂いがしてきたとかよさんが言い出す。

私の聞いた鈴の音と、かよさんが持っている天河で受けている「いすず」の音が

とてもよく似ていて、天河はUFOと龍と繋がりがあるから、そこで何かを思い出すかも知れない。と言われる。

 

そんな話をしていると、

今度はおかまの宇宙人がやってきた。

「マツコみたいで毒舌だけど愛があるから」とかよさん。

 

「あなた、なに言ってんの、あんたいい加減に認めなさいよ

 なにカマトトぶってんの!あなたねー、いつまでそうやって、

 わかんないフリしてんの、わかってんじゃない。いい加減認めなさいよ、

 このオタンコナス!」

 

私、ビックリ!

 

「いつまで本当に知らないふりしてんの、本当にはっ倒すわよ!

フタはとったからね、とったあとは、それを認めて開いていくだけよ」

 

「あんたも開花するのよ、信じなさいよ」

 

・・・とセッションはそのような話で終わりになるのです。

 

 

・・・どうやら、サイキックなんだそう。

改めて、そう言われて、

「え?サイキックってなんだっけ・・?」 と思い・・調べてしまう私。

超簡単に言うと

「通常の人間にはできないことを実現できる特殊な能力のこと」

 

「そうだよねぇ、、え・・・? で・・・?誰が?」

が今の私の本音です。

 

そりゃ、ムリっすよ。

いきなりそんなコト言われたって。

だけど、ハートを開いていかないと

もっとどんどん不思議なことが起きてくると言われ。

 

そうだよねぇ、、、このブログにも書いたように

でっかいUFOみたよねぇ

家の玄関先にでっかい雪だるまと翌年には玄関が埋まるほどの大雪が

積まれていたよねぇ。

信じられないくらい大きな火球をみたよねぇ

鈴の音が鳴ったよねぇ、

電気がいきなり点いたり消えたりしてるよねぇ。(今でも)

 

開く開かない

じゃなくて、ちょっと信じられないので

もう少しお時間をくださいな。

っていう心境なのですよ。

って、誰によ?

 

鈍感というより、恐がっているということなのだそうです。

私がすごく恐がっていて、開けないんだそうです。

 

昨日、夜ベランダで

「どうか私が光を思い出すことが出来ますように。

 そして、ハートの扉を開くことが出来ますように」

とお祈りをしておりました。

部屋に戻ったら、消えてるハズの部屋の電気が点いておりました。

 

わおっ~!

もしかして、このままだと、はっ倒されてしまうかも知れない私!

 

だけど、私はセッションを受けてる途中で

思ったのです。

私がここまでシリウスや龍達にたくさんの愛を貰えることが出来たのは、ayacoさんのセッションのお陰げたと。

Ayacoさんのセッションを受けていなければ

ここまでの内容になり得なかったと。

だってayacoさんは

「人を開花させる人」。

 

ayacoさんに出会えたのも

私にとっては、大きな意味があったのだと改めて感じたかよさんのセッションでした。

 

「未来の私に想いを馳せて」

とブログのタイトルにつけたけど、、

未来の私、、一体どうなっちゃうんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分History episide27

~見栄っ張り義兄夫婦と義母~

f:id:startup2021:20210511121931j:image

 

ほどなくして、私は妊娠しました。

あの義母にとっては初孫となる存在です。

想像するだけで、恐ろしいです・・・

 

そして、そんな頃、今度は旦那のお兄さんが結婚することになりました。

あの義母のことです。

絶対順調に話が進むハズがありません。

 

今度は義兄の嫁となる人の家族と大喧嘩になります。

理由は本当に

子供かっ!!

と突っ込みたくなるような話です。

 

そうなると、結婚式から引き出物から

何から何まで気に入らないようです。

そして、義兄とその嫁はものすごーく人目を気にする人達です。

体裁もすごく気にします。

二人とも、同じ会社、大企業、お金は持っている。

二人揃いに揃って、見栄っ張りときてます。

 

私からすれば、どうでもいいようなことを気にします。

 

そして義母が嫁になるその彼女のコトをあまりにも悪く言うので

義兄がどんどん向こうの家族寄りになっていきます。

義母から遠ざかっていくのが、私たちからみてもわかります。

 

妊娠6ヶ月となった私は、見栄しかないその結婚式に出席しなければ

なりません。

義母は私の大きくなってきているお腹なんて気にしません。

「私の着物を着てね、着付けも出来るからそれで結婚式出席してね。」

と言い出した・・・。

 

えっ?

私・・・6ヶ月なんですけど・・。

しかも見栄っ張りの結婚式は盛大で3時間もやるという・・・。

長丁場なんでけど・・・・。

言い出したら、誰が何を言ってもききません。

 

それを聞いた私の姉達は心配をします。

当たり前です。

だいたい新婚旅行事件から、

姉たちは私のことを心配していました。

だけど、あの義母の性格だから

口を出したら、もっと私がツライ思いをするのをわかっていて

私の愚痴をひたすら訊いてくれます。

 

私は思いました。

私の両親は、こういうのをわかってたくさん兄姉を残してくれたのかな。

って。

 

姉たちも結婚していて、色々な経験をしています。

ここでも、姉たちと色々なことを分かち合っていきました。

兄姉のいる有難さをしみじみ感じながら生きていきます。

 

結婚式の話に戻りますが

私は大きいお腹をギュウギュウされながら、着物を着させられ、見栄しかないその結婚式にヘトヘトになりながら、ただただ早く終わることを祈りながら座っていました。

そして、、忘れられない瞬間がありました。

 

最後、クライマックスで新郎新婦が親へ感謝する場面、

結婚式お決まりの花束を渡す場面、たぶん一番感動する場面だと思うんですけど

鬼の形相で花束をもらった義母・・・・。

 

あんな顔で花束を受け取る母親がこの世にいるのかと思うほどの

鬼の形相だったのです・・・。

 

こんな祝福されない結婚式ってあるんだな・・・

 

そして、その後ですが、

旦那の兄夫婦は、子供なんていらなーい!と言い

二人で楽しんでるということを、非常に強くアピールしておりました。

 

まぁ、私たちにとってはどうでも良いことだったので

出来るだけ、お付き合いしなくていいように、静かに暮らしていました。

が、ある日・・・。

 

義兄夫婦、結婚3年目・・・・

実は子供が欲しくて欲しくてしかたがなくって

排卵誘発剤を打っていたこと。

そして産まれてくる子は「四つ子」だってこと。。

 

それは、私が二人目を妊娠しているときの話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

jjj

 

自分History episide26

~呪いの電話~

f:id:startup2021:20210511112746j:image

 

 ある時、旦那の会社の仲間内のメンバーで

近くの川でバーベキューをすることになり、

旦那の弟(双子なので歳は同じ)も誘うことにしました。

 

それが、キッカケで、弟は旦那の会社の子と付き合うことになったそうで。

それを知ったのは、かなりずっーーと後でした。

二人で愛を育んでいたのですね。

 

その女の子は、私とも仲がよくて、毎年一緒にスキーに行ったり

うちに泊まりにきたりしていた子でした。

 

二人はその後、数年付き合って、

結婚をするという話になりました。

 

その時から、悪夢の毎日がはじまったのです。

そう、あの義母です。

「呪いの電話」でした。

 

「お前たちが悪いんだ!なんであんな子を紹介したんだ

あんた達のせいでこんな話になったんだ。どうしてくれるんだ!」

 

呪いのコトバ、オンパレードです。

 

彼女は、対人恐怖症と吃音症でした。

そして、彼女の身内にメンタルで入退院を繰り返している方がいて

義母は、そんな彼女を絶対自分の家族にしたくないのです。

 

その強い呪いのような気持ちを全て私にぶつけてきます。

平日の昼間に毎日、毎日電話をかけてきます。

 

付き合い始めたことすら、ずっと後に知ったし

別に紹介なんてしてないし、いい大人が人の恋愛まで

口出しなんて出来ないよ。

 

毎日、この会話のやり取りが続きます。

何をどう言っても、聞く耳をもちません。

自分の気の済むまま、コトバをぶつけてきます。

 

旦那の弟じゃなく、私に言ってきます。

そして旦那のいない時間に電話をかけてきます。

これが、一か月続いたのです。

 

そしてある週末、旦那のいる日にかかってきました。

散々私から話をきいていた旦那は、怒りが爆発します。

相変わらず、何をどんなに言ったってなにも聞き入れません。

自分の怒りだけをぶつけてきます。

私たちが紹介したから悪い。と言い張る義母。

 

「ふざけんな!自分が何を言ってるのかわかってるのか!?

もう二度とかけてくるなーーー!!!!」

 

と言って電話をガシャンと切りました。

 

その日から半年、義母とは音信不通になり、

ある意味すごく平和でした。

 

そして、間もなくして、弟夫婦は私たちと親しい仲間に囲まれて

おしゃれなお店で食事会という形で籍を入れることとなりました。

 

私の義母に対しての

「ザワザワ」「恐い」

は、こういうコトってわかっていたからなのか?

その気持ちはずっとずっと抱えたまま私は生きていくことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分History episide25

~衝撃 新婚旅行先変更の理由~

f:id:startup2021:20210511103404j:image

 

同僚の元カレ、一つ上の先輩だったその人と

数年後、結婚することになりました。

 

だけど、付き合い始めて、その人と会うと必ず感じでしまう

心のザワザワ。

そのザワザワは彼の母親でした。

初めて会ったその日から、何故かどうしてかわからないけれど

どうしても心の奥の奥がザワザワしてしまうのです。

そして何故だか

「こわい」と思ってしまう気持ち。

 

だけど、その時は

相手の母親だから?結婚したらお姑さんになるわけで

テレビでよく見たり聞いたりする「嫁・姑」みたいな

関係だからかなぁー。とか

世間の女子はみんな同じなのかなぁ。とか

そんな風に思っていたのです。

ようはテレビの見過ぎ?みたいな!

 

結婚が決まってすぐ、義母は牙をむけてきます。

私たちは新婚旅行にハワイにしようと二人で決め

旅行会社で色々手続きを終え、あとは当日を待つばかりだったのですが

ある日、電話がかかってきて

「あんた達、ハワイはダメよ、絶対ダメ、方角がよくない。ダメだからね」

といきなり言ってきたのです。

 

私は、昼間はOL、夜は割烹料理屋さんで

アルバイトをして、せっせと貯金に励んでいたので

問題はなかったのですが、問題は彼でした。 

彼は結婚するまでは、会社借り上げのおんぼろアパート、

安月給、お金なんて貯める余裕などなかったのです。

それを知っている義母が、

「いいよ、出してあげるから行っておいで」

と言ったらしく、話を進めたらしいのです。

その義母がいきなりそんな電話をかけてきて

最後にこう言いました

「あんた、お金出さないからね、言うこときかないならお金出さないよ」

 

衝撃でした・・

 

やっかいなコトに、義母は気学をやっていて

たしかに、付き合っているときによく

「今月は東の方角が良いから、どこどこの水を汲みにいくから、車出して」

と言い、運転のお礼と言ってお小遣いはくれてたし

行った先々で美味しいものをご馳走してもらっていました。

義母の妹(叔母)と二人を乗せて、私たちはあちこちに

連れていっていたのです。

それが、まさかこういう形で表れてくるとは・・・・。

 

好きなことをやるのは自由だし、気学だって決して悪くない

だけど、人に強要したりするのは絶対間違ってる。

 

この気学と

我の強さ、自分だけ良ければそれでいい、という

今まで出会ったことのないタイプのこの義母に

この先も苦しめられます。

 

結局、方角が南なら良い。と言ってきかないので

私たちが折れることになり、

ハワイからオーストラリアに変更となったのです。

 

理由を抜かせば、オーストラリアでも全然OKだったので

良かったですけど、これが全く行きたくないところだったら

どうなっていたでしょう

まぁ、旅行に行けるだけ幸せだったのかな、とも思うんですけどね。

 

付き合ってた頃から

義母が我が強いのはわかっていました。

だけど、まさかこんなコトからスタートするなんて。

 

この先、私はどんどん苦しめられることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ayacoさん 13回目 monitor session

f:id:startup2021:20210502104547j:image

 

Ayacoさんのセッション、今回が最終回です。

この3ヵ月は本当に時間の流れが速かった。

このセッションが始まり

自分のことを改めて隅から隅まで振り返ることが出来たこと

そして今までなかなか気付くことが出来なかった

自分の本当の声、感情、思いなど

意識を研ぎ澄ますことが出来た3ヵ月でもありました。

これは一人で出来ることではありませんでした。

Ayacoさんが毎回、ヒアリングで敏感に感じ取ってくれたことを

見逃さず、私に色々なコトバを投げかけてくれたからこそ

出来たことです。

 

読書感想文のようになってしまいますが

Ayacoさんのセッションを受けたこの3ヵ月間での

ヒアリングは、大切な友達と話しをしていると錯覚するくらい

とても濃い時間でした。

お互い育った環境が、なかなかしんどかったという共通点と

Ayacoさんの人柄も加わり、20歳以上歳が離れているのに

友達のように話が出来たこと、たまに話が脱線して

妄想話で盛り上がったコト、楽しかったです、笑

そして・・・・

Ayacoさんの変容もみること、感じることが出来ました。

Ayacoさん自身が置かれていく場所、これから生きていくであろう世界

出会うべき人達との大きな出会い、散々色んな方のヒーラーさんに

言われてきたことが、そのままものすごいスピードで加速していき

Ayacoさんにとって、人生の大きな岐路と言っても過言ではないこのときに

ほんのちょっとだけ、時間を共有できたことは光栄だと思っています。

 

エネルギーワークでは、セイクリッドアクティベーションと、

ayacoさんオリジナルワークが途中から加わり、

【Greatest gift】としてお披露目になるまでの過程の片隅に

自分がいれたことも本当に感謝しています。

 

 そして最後のmonitor sessionとなりました 

◆◆13回目エネルギーワーク◆◆

● クリアリング

 ●  セイクリッドアクティベーションからは

19   スピリチュアル・エゴのリリース

20   中毒の矛先を変える

21    神への怒りと憤り

22    ソウルメイト

23    対極

● 各種エネルギーワーク

 

今回はサードアイがとても静かで

視えるビジョンもありませんでした。

が、ここのところ毎回感じる

最初のクリアリングのところで(表現が難しいんだけど)

なにかに覆われるような、自分のいる空間の空気感が変わるような

どこか違う次元に連れていかれるような・・そんな感じがするのです。

そして今回のエネルギーワークではAyacoさんは

「首が回った」と言い、今までで一番エネルギーが強かったかもしれない。

とおっしゃっていました。

首が回るって、、、

私には経験がないのでわからないけど

どれだけ強いエネルギーなんだろー。かと!

 

そして翌日の体調ですが、一日中お腹をくだすという状態でした。

それに加え、ものすごい睡魔で半日寝て過ごしました。

 

私はこのmonitor sessionを受けた3ヶ月の中で

色々な変化や気づきがありました。

前向きになっている自分

ネガティブな思考がポジティブに変わってきていること

違和感に敏感になったこと

自分の小さな声を無視しないなど・・・

たくさん、このブログにも記してきました。

どれもこれも自分にとってものすごい大きな変化です。

Ayacoさんから受け取ったエネルギーは

これからの自分に変化をもたらしていくと思います。

 

その変化を今後このブログにもあげていきたいと思っています。

 

今年は学びの年です。

やりたいと思ったこと、感じたことは実行あるのみで進んでいくつもり。

どんな自分になれるのか、どんな自分に出会えるのか

私自身も楽しみに過ごしていきます。

 

そして ・・・・

 

立ち止まってしまった私の心に、大きな光と希望を与えてくれて

そして思い切り私の背中を押してくれた

Ayacoさんには本当に感謝しかありません。

  

これからもっともっと大きく変わっていくAyacoさんを

私はいつもいつでも応援していますからね。

  

 この出逢いに心から感謝します♡

Ayacoさん!この3ヶ月間

本当に本当にありがとうございましたー☆

 

 Ayacoさんの全ての情報はこちら