自分History episide27

~見栄っ張り義兄夫婦と義母~

f:id:startup2021:20210511121931j:image

 

ほどなくして、私は妊娠しました。

あの義母にとっては初孫となる存在です。

想像するだけで、恐ろしいです・・・

 

そして、そんな頃、今度は旦那のお兄さんが結婚することになりました。

あの義母のことです。

絶対順調に話が進むハズがありません。

 

今度は義兄の嫁となる人の家族と大喧嘩になります。

理由は本当に

子供かっ!!

と突っ込みたくなるような話です。

 

そうなると、結婚式から引き出物から

何から何まで気に入らないようです。

そして、義兄とその嫁はものすごーく人目を気にする人達です。

体裁もすごく気にします。

二人とも、同じ会社、大企業、お金は持っている。

二人揃いに揃って、見栄っ張りときてます。

 

私からすれば、どうでもいいようなことを気にします。

 

そして義母が嫁になるその彼女のコトをあまりにも悪く言うので

義兄がどんどん向こうの家族寄りになっていきます。

義母から遠ざかっていくのが、私たちからみてもわかります。

 

妊娠6ヶ月となった私は、見栄しかないその結婚式に出席しなければ

なりません。

義母は私の大きくなってきているお腹なんて気にしません。

「私の着物を着てね、着付けも出来るからそれで結婚式出席してね。」

と言い出した・・・。

 

えっ?

私・・・6ヶ月なんですけど・・。

しかも見栄っ張りの結婚式は盛大で3時間もやるという・・・。

長丁場なんでけど・・・・。

言い出したら、誰が何を言ってもききません。

 

それを聞いた私の姉達は心配をします。

当たり前です。

だいたい新婚旅行事件から、

姉たちは私のことを心配していました。

だけど、あの義母の性格だから

口を出したら、もっと私がツライ思いをするのをわかっていて

私の愚痴をひたすら訊いてくれます。

 

私は思いました。

私の両親は、こういうのをわかってたくさん兄姉を残してくれたのかな。

って。

 

姉たちも結婚していて、色々な経験をしています。

ここでも、姉たちと色々なことを分かち合っていきました。

兄姉のいる有難さをしみじみ感じながら生きていきます。

 

結婚式の話に戻りますが

私は大きいお腹をギュウギュウされながら、着物を着させられ、見栄しかないその結婚式にヘトヘトになりながら、ただただ早く終わることを祈りながら座っていました。

そして、、忘れられない瞬間がありました。

 

最後、クライマックスで新郎新婦が親へ感謝する場面、

結婚式お決まりの花束を渡す場面、たぶん一番感動する場面だと思うんですけど

鬼の形相で花束をもらった義母・・・・。

 

あんな顔で花束を受け取る母親がこの世にいるのかと思うほどの

鬼の形相だったのです・・・。

 

こんな祝福されない結婚式ってあるんだな・・・

 

そして、その後ですが、

旦那の兄夫婦は、子供なんていらなーい!と言い

二人で楽しんでるということを、非常に強くアピールしておりました。

 

まぁ、私たちにとってはどうでも良いことだったので

出来るだけ、お付き合いしなくていいように、静かに暮らしていました。

が、ある日・・・。

 

義兄夫婦、結婚3年目・・・・

実は子供が欲しくて欲しくてしかたがなくって

排卵誘発剤を打っていたこと。

そして産まれてくる子は「四つ子」だってこと。。

 

それは、私が二人目を妊娠しているときの話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

jjj

 

自分History episide26

~呪いの電話~

f:id:startup2021:20210511112746j:image

 

 ある時、旦那の会社の仲間内のメンバーで

近くの川でバーベキューをすることになり、

旦那の弟(双子なので歳は同じ)も誘うことにしました。

 

それが、キッカケで、弟は旦那の会社の子と付き合うことになったそうで。

それを知ったのは、かなりずっーーと後でした。

二人で愛を育んでいたのですね。

 

その女の子は、私とも仲がよくて、毎年一緒にスキーに行ったり

うちに泊まりにきたりしていた子でした。

 

二人はその後、数年付き合って、

結婚をするという話になりました。

 

その時から、悪夢の毎日がはじまったのです。

そう、あの義母です。

「呪いの電話」でした。

 

「お前たちが悪いんだ!なんであんな子を紹介したんだ

あんた達のせいでこんな話になったんだ。どうしてくれるんだ!」

 

呪いのコトバ、オンパレードです。

 

彼女は、対人恐怖症と吃音症でした。

そして、彼女の身内にメンタルで入退院を繰り返している方がいて

義母は、そんな彼女を絶対自分の家族にしたくないのです。

 

その強い呪いのような気持ちを全て私にぶつけてきます。

平日の昼間に毎日、毎日電話をかけてきます。

 

付き合い始めたことすら、ずっと後に知ったし

別に紹介なんてしてないし、いい大人が人の恋愛まで

口出しなんて出来ないよ。

 

毎日、この会話のやり取りが続きます。

何をどう言っても、聞く耳をもちません。

自分の気の済むまま、コトバをぶつけてきます。

 

旦那の弟じゃなく、私に言ってきます。

そして旦那のいない時間に電話をかけてきます。

これが、一か月続いたのです。

 

そしてある週末、旦那のいる日にかかってきました。

散々私から話をきいていた旦那は、怒りが爆発します。

相変わらず、何をどんなに言ったってなにも聞き入れません。

自分の怒りだけをぶつけてきます。

私たちが紹介したから悪い。と言い張る義母。

 

「ふざけんな!自分が何を言ってるのかわかってるのか!?

もう二度とかけてくるなーーー!!!!」

 

と言って電話をガシャンと切りました。

 

その日から半年、義母とは音信不通になり、

ある意味すごく平和でした。

 

そして、間もなくして、弟夫婦は私たちと親しい仲間に囲まれて

おしゃれなお店で食事会という形で籍を入れることとなりました。

 

私の義母に対しての

「ザワザワ」「恐い」

は、こういうコトってわかっていたからなのか?

その気持ちはずっとずっと抱えたまま私は生きていくことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分History episide25

~衝撃 新婚旅行先変更の理由~

f:id:startup2021:20210511103404j:image

 

同僚の元カレ、一つ上の先輩だったその人と

数年後、結婚することになりました。

 

だけど、付き合い始めて、その人と会うと必ず感じでしまう

心のザワザワ。

そのザワザワは彼の母親でした。

初めて会ったその日から、何故かどうしてかわからないけれど

どうしても心の奥の奥がザワザワしてしまうのです。

そして何故だか

「こわい」と思ってしまう気持ち。

 

だけど、その時は

相手の母親だから?結婚したらお姑さんになるわけで

テレビでよく見たり聞いたりする「嫁・姑」みたいな

関係だからかなぁー。とか

世間の女子はみんな同じなのかなぁ。とか

そんな風に思っていたのです。

ようはテレビの見過ぎ?みたいな!

 

結婚が決まってすぐ、義母は牙をむけてきます。

私たちは新婚旅行にハワイにしようと二人で決め

旅行会社で色々手続きを終え、あとは当日を待つばかりだったのですが

ある日、電話がかかってきて

「あんた達、ハワイはダメよ、絶対ダメ、方角がよくない。ダメだからね」

といきなり言ってきたのです。

 

私は、昼間はOL、夜は割烹料理屋さんで

アルバイトをして、せっせと貯金に励んでいたので

問題はなかったのですが、問題は彼でした。 

彼は結婚するまでは、会社借り上げのおんぼろアパート、

安月給、お金なんて貯める余裕などなかったのです。

それを知っている義母が、

「いいよ、出してあげるから行っておいで」

と言ったらしく、話を進めたらしいのです。

その義母がいきなりそんな電話をかけてきて

最後にこう言いました

「あんた、お金出さないからね、言うこときかないならお金出さないよ」

 

衝撃でした・・

 

やっかいなコトに、義母は気学をやっていて

たしかに、付き合っているときによく

「今月は東の方角が良いから、どこどこの水を汲みにいくから、車出して」

と言い、運転のお礼と言ってお小遣いはくれてたし

行った先々で美味しいものをご馳走してもらっていました。

義母の妹(叔母)と二人を乗せて、私たちはあちこちに

連れていっていたのです。

それが、まさかこういう形で表れてくるとは・・・・。

 

好きなことをやるのは自由だし、気学だって決して悪くない

だけど、人に強要したりするのは絶対間違ってる。

 

この気学と

我の強さ、自分だけ良ければそれでいい、という

今まで出会ったことのないタイプのこの義母に

この先も苦しめられます。

 

結局、方角が南なら良い。と言ってきかないので

私たちが折れることになり、

ハワイからオーストラリアに変更となったのです。

 

理由を抜かせば、オーストラリアでも全然OKだったので

良かったですけど、これが全く行きたくないところだったら

どうなっていたでしょう

まぁ、旅行に行けるだけ幸せだったのかな、とも思うんですけどね。

 

付き合ってた頃から

義母が我が強いのはわかっていました。

だけど、まさかこんなコトからスタートするなんて。

 

この先、私はどんどん苦しめられることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ayacoさん 13回目 monitor session

f:id:startup2021:20210502104547j:image

 

Ayacoさんのセッション、今回が最終回です。

この3ヵ月は本当に時間の流れが速かった。

このセッションが始まり

自分のことを改めて隅から隅まで振り返ることが出来たこと

そして今までなかなか気付くことが出来なかった

自分の本当の声、感情、思いなど

意識を研ぎ澄ますことが出来た3ヵ月でもありました。

これは一人で出来ることではありませんでした。

Ayacoさんが毎回、ヒアリングで敏感に感じ取ってくれたことを

見逃さず、私に色々なコトバを投げかけてくれたからこそ

出来たことです。

 

読書感想文のようになってしまいますが

Ayacoさんのセッションを受けたこの3ヵ月間での

ヒアリングは、大切な友達と話しをしていると錯覚するくらい

とても濃い時間でした。

お互い育った環境が、なかなかしんどかったという共通点と

Ayacoさんの人柄も加わり、20歳以上歳が離れているのに

友達のように話が出来たこと、たまに話が脱線して

妄想話で盛り上がったコト、楽しかったです、笑

そして・・・・

Ayacoさんの変容もみること、感じることが出来ました。

Ayacoさん自身が置かれていく場所、これから生きていくであろう世界

出会うべき人達との大きな出会い、散々色んな方のヒーラーさんに

言われてきたことが、そのままものすごいスピードで加速していき

Ayacoさんにとって、人生の大きな岐路と言っても過言ではないこのときに

ほんのちょっとだけ、時間を共有できたことは光栄だと思っています。

 

エネルギーワークでは、セイクリッドアクティベーションと、

ayacoさんオリジナルワークが途中から加わり、

【Greatest gift】としてお披露目になるまでの過程の片隅に

自分がいれたことも本当に感謝しています。

 

 そして最後のmonitor sessionとなりました 

◆◆13回目エネルギーワーク◆◆

● クリアリング

 ●  セイクリッドアクティベーションからは

19   スピリチュアル・エゴのリリース

20   中毒の矛先を変える

21    神への怒りと憤り

22    ソウルメイト

23    対極

● 各種エネルギーワーク

 

今回はサードアイがとても静かで

視えるビジョンもありませんでした。

が、ここのところ毎回感じる

最初のクリアリングのところで(表現が難しいんだけど)

なにかに覆われるような、自分のいる空間の空気感が変わるような

どこか違う次元に連れていかれるような・・そんな感じがするのです。

そして今回のエネルギーワークではAyacoさんは

「首が回った」と言い、今までで一番エネルギーが強かったかもしれない。

とおっしゃっていました。

首が回るって、、、

私には経験がないのでわからないけど

どれだけ強いエネルギーなんだろー。かと!

 

そして翌日の体調ですが、一日中お腹をくだすという状態でした。

それに加え、ものすごい睡魔で半日寝て過ごしました。

 

私はこのmonitor sessionを受けた3ヶ月の中で

色々な変化や気づきがありました。

前向きになっている自分

ネガティブな思考がポジティブに変わってきていること

違和感に敏感になったこと

自分の小さな声を無視しないなど・・・

たくさん、このブログにも記してきました。

どれもこれも自分にとってものすごい大きな変化です。

Ayacoさんから受け取ったエネルギーは

これからの自分に変化をもたらしていくと思います。

 

その変化を今後このブログにもあげていきたいと思っています。

 

今年は学びの年です。

やりたいと思ったこと、感じたことは実行あるのみで進んでいくつもり。

どんな自分になれるのか、どんな自分に出会えるのか

私自身も楽しみに過ごしていきます。

 

そして ・・・・

 

立ち止まってしまった私の心に、大きな光と希望を与えてくれて

そして思い切り私の背中を押してくれた

Ayacoさんには本当に感謝しかありません。

  

これからもっともっと大きく変わっていくAyacoさんを

私はいつもいつでも応援していますからね。

  

 この出逢いに心から感謝します♡

Ayacoさん!この3ヶ月間

本当に本当にありがとうございましたー☆

 

 Ayacoさんの全ての情報はこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに

日に日に暑くなり

毎年悩まされるのが犬の散歩なんだけど。

日差しが暑い時には歩くことが出来ず

早朝か夕暮れ時か、少しでも涼しい時間帯が最適。

 

昨年はどうしていたっけ・・・

と考えていたら、

何言ってんの、私がテレワークで毎日仕事終わってから

一緒に運動公園まで散歩に行ってたじゃん!

と、たまたま帰ってきていた娘が教えてくれた。

あぁーそうだった。そんなコトすっかり忘れていた!

 

うちは犬が二匹いて

しかも困ったもんで、一人で二匹を散歩させていると

二匹が全く違う方向に行く!と主張して困ることが多く

道行く人たちに、

「お母さんを困らせているの??」

と言われてしまうことが多々あり

結構お散歩が大変なのだ。(しつけがなってないだけかも・・・)

 

なので、私としては娘がいてくれると、

大助かりで、娘が自立して唯一困ったことは

犬のお散歩だった。

 

なので、その日は夕方から娘と一緒にお散歩に行こうということになり、

二人いるとちゃんと歩いてくれるという公園があって(野球場があってそこから聞こえてくる声が怖いらしくて怯えてしまう)。

そこはドッグカフェや芝生の広場、長〜いローラー滑り台、季節の花々、そして景色の良い展望台もあって一日ゆっくり過ごせる運動公園で、お散歩には最適な場所なのです。

 

久しぶりだったー。

そしてその日、展望台から見た景色が最高だった。

f:id:startup2021:20210502100109j:image

 

 なんか癒されるな~

今日一日無事に過ごせたこと

こうして娘と一緒にお散歩にこれたこと

そして

明日もきっとステキな日になる

と・・

景色一つでこんなたくさんの幸せな気持ちにさせられたー。

 

そうそう、幸せってこういうことなんだよねー。

また一緒に来たいな

 

こういう瞬間

生きてるー。

って思えるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ayacoさん 12回目 monitor session

f:id:startup2021:20210422101115j:image

 

 ayacoさんのセッション12回目となりました。

 

時の流れがとても速く感じます。

出会ったのは真冬だったのに

もう桜の季節が終わってしまいました。

はやいなー。

 

 

今回もいろいろな話(カウンセリング)から始まり

その中で、先日私がこのブログにあげた「モヤモヤする友達」

のその後の話になりました。

こういう人ってやっぱりよくないエネルギーを放ってると思うのです。

それに対し、私が敏感に受け取ってしまい、かなりモヤモヤする、っていう。

先週ayacoさんがシェアしてくれた動画の中で

 

この人は淋しいんだな。 あなたのイライラ、ストレス、悲しみは私と関係ないから

エネルギーをお返しします。あなたの問題を引き取りません。

と言って受け取り拒否をちゃんとやる。怒りの土俵にのっからない。

 

という内容がありました。

なるほど!先日の自分にはこれが必要だったんだと。

こう文字にして読むと簡単なコトのようだけど、

これってなかなか私には出来てなかったことだなー

と思いました。

 

負のエネルギーってすごいと思う。ここまで人をイヤな気持ちにさせるんだもん。

エネルギーの受け取り拒否はちゃんとしようと思います。

 

そして今回ayacoさんがプロジェクトメンバーとして入った

「Sacred Project @Earth」にいらっしゃるリアさん がブログであげている

アンドロメダのパートナーからのメッセージ』と

アルビノのホワイトタイガーのガイドからのメッセージ』を

音霊、言霊のエネルギーをもっているayacoさんが読み上げてくれました。

魂に語りかけてくれてる感じがして心が震えます。

アンドロメダのパートナーからのメッセージ』は

ayacoさんのブログでもあげてくれているので、たくさんの方に

ぜひ聴いてもらいたいです。

  

◆◆12回目エネルギーワーク◆◆

● クリアリング

 ●  セイクリッドアクティベーションからは

11 フルーツオブライフ

12 生命のグリッド

13 地上天国

14 三次元の錬金術

15 惑星のアライメント

(14の三次元の錬金術は5番目の最後に)

● 各種エネルギーワーク

 

~体感・ビジョン~

始まってすぐのクリアリングのところで

サードアイが手で広げられた感じがした。

と同時にカラダがエネルギーに覆われるような?

おかれている場所が移動したような感覚。

アクティベーション途中で宇宙に浮いている感覚

サンダルフォン(←これも大天使だそうです)と

大天使ミカエルのところで視覚が明るくなる。

 

なにか体感が今までなかったものを感じるようになったと思います。

これが私にどんな変化をもたらしてくれるのかが、この先が楽しみです。

    

4月にエネルギーが変わると言われていたayacoさんは

数々のヒーラーさんに言われていた通りの道を辿り

本当に違うステージに行かれたと私は感じるのです。

 

それはセッションを受けていくにあたって

上記に記載したように私自身感じるエネルギー、受け取るエネルギーが

変わったと感じるからです。

   

そんなayacoさんが先日22日にリリースしました!

『Greatest gift(グレイテストギフト)』 

 

気になる方!ぜひ受けてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分History episide24

~忘れられない危険な目にあった時の話~

f:id:startup2021:20210421201131j:image

 

危険な目にあった時の話、3連チャンいきます。

駅から自宅までの道のりは、本当に怖く危険な道のりでした。

 

① 露出狂に付きまとわれ2往復ビンタくらわす事件。

家を出てすぐ人気のない道に突入する。

むこうから背の低いキューピーのような顔をしたおっちゃんが歩いてきた。

私の目の前で立ち止まり、着てきたコートをいきなりバッ!と開けた。

コートの下は裸でブラジャーを付けていた。

私は、声をあげることなく、そのまま歩いてきた道を引き返し

駅までの道を迂回して行こうと歩きだしたところ、そいつがずっと後をついてきた。

会社が厳しかったので、絶対遅刻するわけにはいかないと思い、走り出したら

そいつも走って追いかけてきた。

人通りが多くなってきた場所で、私は無性に腹が立ってきて我慢出来なくなった。

路地に入る。するとヤツがノコノコ着いてきた。

振り返りざまに、「この変態やろう!ふざけんじゃねーよ!」と言いながら

往復ビンタ。まだ気が済まない。「じじぃ、気持ち悪りぃーんだよ!」

とまた往復ビンタ。

最後に「じじぃ、これで終わりだと思うなよ、このまま警察にいってやる」

 

 そいつはそのまま逃げる。

すると翌日また同じ場所へノコノコ現れ、嬉しそうに

「昨日は痛かったよ」と言ってきた。

 

変態ヤロー!今でも顔は忘れねーぜ!

だけど、これ、今やっちゃうと私も捕まっちゃうかも?

 

② バイク野郎に胸をつかまれる

 キューピー野郎と同じ場所、早朝なのにむこうからバイクが

 走ってきて、私のすぐ横でとまった。

「すみません、駅はどっちでしょうか?」

と言われ、親切に説明を始めると、いきなりニヤリとして

私の胸をむんずとつかんだ!

とっさに「なにすんだよ!」と頭を思いきり叩くが、

ヘルメットを叩いてしまったので、手がすごく痛かった。

そいつはそのままバイクで立ち去る。

 

③ 後ろから口を塞がれる

会社の帰り道、夏だったのでまだ薄暗い時間帯。

左手に森、そこは本当に人が潜んでいてもおかしくない場所。

だから毎日、森の手前で、誰か隠れてないか用心する。

歩きながら何度も後ろを確認する。確認して前をみた次の瞬間

口を塞がれたのだ。

「声をだすな」

と低い声で言われた。信じられない。

テレビドラマに出てくるような本当に危ない事態。

だけど森に引きずり込まれたらおしまい、

誰も気が付いてくれない場所。

私は勢いよくその手をはらって

たすけてー!!!!と言おうとしたが、うまく声が出ない。

騒ぐ私の背中を殴って、そいつは走って逃げて行ったのだ。

もしもその時、麻酔かなんか使って塞がれていたら、、最悪死んでいたかも知れない。

とか色々考えたら本当に怖くなった。

 

この最後の事件で、私は兄に引っ越しをしたいと申し出る。

こんな場所だから、小学生が誘拐されてもおかしくない話だ。

 

そこに住んでいたのは結局4年くらいかな。

その後危なくないところへ引っ越しをしました。